2009年06月02日

ETCとは

ETC(Electronic Toll Collection System、エレクトロニック・トール・コレクション・システム)は、国土交通省が推進する高度道路交通システムの一種、ノンストップ自動料金収受システム。

「ノンストップ自動料金支払いシステム」と呼ばれることもある。

日本では一般にイーティーシーと呼ばれ、定着している。

国土交通省はイーテックという愛称をつけているが、ほとんど浸透していない。


有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるシステムで、無線通信を利用して車両と料金所のシステムが必要な情報を交換し、料金の収受を行う。

日本以外の諸国(#日本国外のETC)でも同様の料金収受システムが構築されているが、本稿では日本のETCについてを記す。

「ETC」およびETCロゴは財団法人道路システム高度化推進機構の登録商標である。

2009年4月7日現在、累計2900万台以上の車両にETC車載機が取り付けられている。2009年2月時点における利用率は全国平均で76%、首都高速道路では週平均で83%。

NEXCO東日本は東日本高速道路株式会社を、NEXCO中日本は中日本高速道路株式会社を、NEXCO西日本は西日本高速道路株式会社を示す。

またNEXCO各社はこれら三社を示す。

六会社とした場合、NEXCO各社に加えて、首都高速・阪神高速・本四高速の各高速道路会社を含め指す。

posted by ETC省 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29523908

この記事へのトラックバック